お知らせ

2020年6月14日 お知らせ

バンコクにおける新型コロナウイルス対応について(2020年6月14日10:00更新)

バンコクにおける新型コロナウィルスの対応についてお知らせいたします。
*政府機関より発表があった場合は変更になる場合がございます。その際は改めてお知らせいたします。

現在、タイ国内の新型コロナウィルス感染者はタイ国外からの帰国者が中心で、市中感染はない状況が続いております。

タイへの入出国に関する情報

2020年6月30日23時59分までタイ国内全空港で国際線民間旅客機到着が禁止されております。なお、日本路線(JAL・ANA東京行き)を含む一部出発便については運行されております。この影響で欠航、遅延、早発等フライトスケジュールの変更がございます。航空機をご利用のお客様は利用される航空会社にお問い合わせください。

タイ入国時に求められる提出書類の追加について
タイ外務省より、2020年4月12日付け口上書をもって、緊急事態令9条に基づく決定事項(第一号)第三項(5)で定める「タイ国籍を有していないが労働許可証を有する者、もしくはタイ当局からタイ国内で働くことを認められた者」について、出発国のタイ王国大使館ないし総領事館が発出するタイ王国入国許可書 (Certificate of Entry into the Kingdom of Thailand) の提示を求められる旨の連絡がありました。本措置は、2020年4月12日から有効となっております。
入国許可書の提出は、これまで求められていた渡航前72時間以内に発行された飛行可能健康証明書 (Fit to Fly Health Certificate) 及び出入国カードの提出に加えてのものとなります。
タイ入国後は政府の指定する施設において自己負担で14日間の隔離措置を受ける必要があります。
*「タイ国籍を有していないが労働許可証を有する者、もしくはタイ当局からタイ国内で働くことを認められた者」を除く外国人はタイに入国できません。

タイでの滞在に関する情報

ビザの期限延長
タイ国内の一部外国人の滞在に関する特例についての内務省告示が官報に掲載されました。
2020年3月26日以降に滞在許可の期限が到来する全ての外国人について、査証の種類を問わず(査証免除により入国した者を含む)、2020年3月26日から2020年7月31日まで滞在期間を自動的に延長されます。また、入国管理局への90日毎の居住報告(90日レポート)も同期間(2020年7月31日まで)、一時的に免除されます(報告を行う期間を延長する)。

夜間外出禁止令の解除
タイ全土で夜間外出禁止令が発令されておりますが、2020年6月15日より解除されます。

バンコク都内の公共交通機関
2020年6月15日以降、BTSやMRT、エアポートレールリンク、バス等の公共交通機関は通常運行となります。なお、利用の際はマスク着用が義務付けられております。またソーシャルディスタンス(社会距離拡大戦略)対応のため、乗車制限を行う場合があります。

県境を越えた公共交通機関
県境を越えた移動の制限が緩和されたことに伴い、あらゆる種類(移動経路が固定された車両、エアコン付車両、バン、鉄道、もしくは航空機)の公共交通機関において、待合場所の整備、距離をおいた座席、および乗客数の制限等が当局が定める感染症予防の措置に適合的になるよう当局者は事業者を指導する。

検問
バンコク都と隣接県境付近を中心に検問所が設置されており、マスク着用検査、検温、身分証明書や移動履歴の確認等が行われることがありますので、常にパスポート等身分証明書の携行をお願い致します。

商業・経済活動について
2020年6月15日以降、日常生活に関わるほぼ全ての施設や活動が、各種感染予防措置を実施するとの条件下で再開を認められます。ただしレクリエーション施設および類似のサービスを提供する施設、パブ、バー、カラオケについては活動を未だ認めない。

状況は刻一刻と変わりますので、変更等があった場合は随時お知らせいたします。

お客様各位におかれましても健康に十分ご留意ください。

BANGNA HOUSING CO., LTD.
CEO Pathompong Chookhan